メニュー

睡眠時無呼吸症候群の検査を体験

[2023.02.23]

帰宅して

ご飯を食べて

こたつに入ったら、

いつの間にか真夜中…

途中

自分の唾液でむせて起きたり

(誤嚥の始まりかな)

家族に口を閉じられたり…

(いびきをかいていたのかな?!)

「いびき」といえば

睡眠時無呼吸症候群が心配になるお年頃ですが、

睡眠1時間あたりの無呼吸と低呼吸が5回以上の

閉塞性睡眠時無呼吸の有病率が

男性24%

女性9%

という報告があります(Young T, et al. 1993 )。

自分がその中に入っているのか調べてみたいので

簡易検査(polygraphy: PG)を行ってみました。

ウエストポーチぐらいの大きさの袋が届き

 

胸と指につける装置、

鼻につけるチューブなどが入っています。

説明書の通りに装着して寝たわけですが、

鼻に何かを入れるとグッスリ眠れるタイプではないので

違和感があり、

朝6時頃には外して

さらに昼前まで寝てしまいました。

違和感がありながらも6時間以上は眠れたので

ちゃんと検査できたことを期待しています。

 

HOME

ブログカレンダー

2024年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME