メニュー

天気が悪いと傷が痛む?

[2024.02.25]

5月のように暖かかった日から

真冬のように寒い日まで

変化の激しい日々で体にこたえますね。

 

「天気が悪いと古傷が傷む」と言われますが、

どんな痛みに影響があるのでしょうか。

もしくは、実際には天気と痛みは関連ないのでしょうか。

 

関節リウマチの疼痛に関して

天気との関連は明らかでない点もあるものの

季節によっては湿度や気温などで悪化するようです

(Azzouzi H, et al, 2020)。

気温が低いと痛みが強くなると言われており、

温泉など温浴療法が治療の1つになっています。

ただ、夏に気温が高すぎても関節痛が強まるようです。

 

関節リウマチでは

朝方に関節痛やこわばりが強まりますが、

活動していると関節液が分泌されて改善する、と

言われています。

昼寝後も関節痛やこわばりが出現するので、

活動量の低下がよくないのかもしれません。

寒すぎる日も暑すぎる日も活動量が減るため、

関節痛、こわばりが出るのでしょうか。

 

最近は

座っている時間が長いと

血流などが低下して健康によくない、

と言われているので、

適度に動くのが良いようですね。

HOME

ブログカレンダー

2024年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME